子宮頸ガン検診と超音波検診、25歳からは年に1度は「婦人科検診」を受けて自分の体を守ろう

Pocket
LINEで送る

恋もキャリアもオシャレも全部手に入れたいと思っても、それは健康な体があってこそ。

あなたは、25歳から年に1度は受けた方がいいと言われている「婦人科検診」を受けていますか?

子宮頸ガンの発症率は年々増加傾向にあるので、「婦人科検診」を受けて、自分の体は自分で守りましょう。

人間ドック
横浜で婦人科検診を受けるなら横浜健保センター »

今回行ったお店

アベニューウィメンズクリニック
(東京都港区六本木7-14-7 六本木トリニティビル4F)

ラグジュアリーな雰囲気で、スタッフはすべて女性のクリニック。

子宮頸ガン検診

子宮頸ガン(しきゅうけいがん)とは、子宮の入り口にできるガン。

初期段階では自覚症状がないため、発見が遅れてしまうことがよくある。

クスコという機械を膣の中に入れて、子宮の入り口を開いて、ヘラを使って細胞を摂取。

この作業自体は一瞬で終わる。

その後、顕微鏡で採取した細胞をチェック。

2週間ほどで検査結果が出る。

超音波検診

経膣プローブという機械を膣の中に入れ、子宮や卵巣に超音波を発生さ、反射した超音波により膣の中を画像でチェックできる。

「子宮頸ガン検診」と「超音波検診」をできる「ウーマンズベーシック検診」の料金は10,500円。

横浜で婦人科検診を受けるなら横浜健保センター »

Pocket
LINEで送る

品川近視クリニック